ハニー、行方不明

恐れていた事が、とうとう起きてしまいました。

ファンヒーターに灯油を入れるため、家と庭を行ったりきたりしていたパパが突然騒ぎだしました。
「ハニーがどこにもいない!」「ママ、家の中に入れた?」
ずっと家に中にいた、ママとお兄ちゃんとレックス。
もちろんハニーがパパの後について、庭に出たことも知りません。
「ハニー!ハニー!」必死になって呼んでもどこにもいません。
パパが家の周りを一周してもいない、ママが和室を見てもいない、お兄ちゃんが2階を見に行ってもやっぱりいない。

猫のコニーじゃないから、小さくてどこにいるのか見えないなんてことないし。かくれているはずもない。
これだけ探してもいないなんて、外に出てしまったとしか考えられない。

さっきからチラホラ降り出した雪も、今ではどんどん強くふってきました。
雪がバサバサ降る中、パパは土手の方に、ママは公園に、お兄ちゃんはもう一回庭を見回ります。

どうしよう、どうしよう、迷子になってそのまま誘拐ってことも・・・・。
しろくまファミリーの大騒ぎに近所の人も出てきました。
「ハニーがいないんです。誰か知りませんか?」

近所を走り回ってもどこにもいないハニー、お兄ちゃんはレックスとハニーのステンレスの食器を「カーン、カーン」何度も何度もならします。

もう一度落ちついて考えよう、パパが灯油を入れていた。
灯油はさっき買ってきたんだよね、ってことはもしかして。
急いで車に近づくと、なにやら車の中に黒い影。

車から降りたハニーは、泣きそうなママを無視して、急いで家の中へ。
お兄ちゃんに「さっき食器カンカンならしてたけど、なんかおやつあるの?」「レックスなんか食べたでしょ。」

f0032332_22554540.jpg

[PR]
by shirokumamama | 2008-02-09 23:59
<< コニーのウェイト ブタちゃん >>